FC2ブログ
彼らと出逢えたことは奇跡 信じる想いはずっと変わらない
見たくなかった姿
2019年06月07日 (金) | 編集 |
夜中から大雨。
あまりに蒸し暑くて、部屋着短パンにチェンジ。
来週あたりは上も半袖にすっかな。
扇風機も出したし、どんどんニガテな夏に向かってく準備完了。
明日は職場でもマイ扇風機スタートさせよっと。

田口くん保釈。
謝罪、土下座まで。
なんかね、ほんと情けない、そして悔しい。
あの姿、ファンじゃない自分でもこんなに心が痛いんだもの。
ファンはどれくらい傷ついたことか、想像するのもツライ。
KAT-TUNを抜けた後も、彼のことを応援してたKAT-TUNファンは
いたはず。
絶対にやっちゃいけない裏切りだった。
いろんなものを自らの手で壊しちゃったね。
残念すぎる。

自分だけの人生を歩いてる人はいない。
“生”の始まりからして、独りではできない。
誰かとの関わりなしでは生きられない。
ナニかをする時、自己責任のみで解決なんてできない。
人間なんて偉くなんてない。
“自分だけを大事にする”ことは傲慢なこと。
ましてや、普通に生きてるよりも、たくさんの“好き”をもらう立場。

“好き”を“悔し涙”にした罪は大きい。