FC2ブログ
彼らと出逢えたことは奇跡 信じる想いはずっと変わらない
罪の対価
2018年06月01日 (金) | 編集 |
映画『友罪』。
斗真くん出演だからと、ひさびさに観たジャンル。
けっこうな問題提起のあるストーリーだったなあと。
“罪”を犯した者は幸せになってはいけないのか。
これは答えが出ない、いや、ない、よね。
もちろん罪の種類や度合いにもよるけれど。
被害者に添えばなにがどうでも一生許せるものではないと思うし、
加害者に添うならば、心から本当に悔いて相応の償いをしてれば
許すことも必要かと思う。

♪憎しみを燃やして 生きる糧にするより 悔しいけど受け入れて
明日笑う方がいいさ (SMAP/手を繋ごう より一部引用)
すごい好きな歌。
なんだけど、最初聴いたときちょっと複雑だった部分。
そうできたらどんなにかいいだろなあって思った。
でもそれは理想、結局他人事だから言えるのかもとも。
自身に関わってきた時に、はたして自分はどう考えるのか。
まったくわからない、これが本音。

だって、やっぱり、羊親子を許す気はさらさらないし。
忖度し続けるメディアにも怒りはあるし。

もちろん、『友罪』と♪手を繋ごうを比べるのは視点が違うけど、
映画観ててこの歌詞を思い出したんだよね。

人間って難しい。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する